2019年2月17日(日)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

気迫のカチ上げ、圧倒 白鵬40度目優勝

2017/11/26 0:30
保存
共有
印刷
その他

1差の平幕2人がそろって敗れた。優勝が懸かった結び、白鵬の気迫はすさまじかった。

優勝を決め、関係者とハイタッチをする白鵬(25日、福岡国際センター)

優勝を決め、関係者とハイタッチをする白鵬(25日、福岡国際センター)

左手をかざして相手の視界を遮り、右から強烈なカチ上げ。よろめく遠藤をのど輪で追い詰め、瞬く間に押し出した。

自らも居合わせた日馬富士の暴行問題が世間を騒がせている。嘉風戦で敗れた後に長々と立ち合い不成立をアピールし、審判部から厳重注意を受ける失態もあった。

逆風が吹いた2週間を経て手にした40度目の優勝に「想像できなかった。言葉にならないぐらいうれしい」と白鵬。ペットボトルの水を「うまい!」と飲んで喜びをかみしめた。

初優勝から11年。勝利に食傷することのない資質が大台をもたらした。八角理事長(元横綱北勝海)も「勝てばまた次、勝てばまた次。この貪欲さだよね」と感服する。

「追い抜かれないための努力」は「追い抜くための努力」より難しい。水面に文字を書き続けるような止めどない情熱が薄れかけたこともあったという。2016年夏場所の後、1年間優勝から遠ざかった。

今年の夏場所以降、出場した3場所すべてで優勝と巻き返したのは稀勢の里の台頭が大きかったはずだ。変わりかけた勢力図をエネルギーに変え、名古屋では歴代最多勝利を更新。2度の休場がありながら、年間最多勝も奪回した。

後輩3横綱が土俵人生の瀬戸際に立たされるなか、来年初場所で横綱在位63場所となり、歴代最長の北の湖に並ぶ。前代未聞の長期1強時代。その終わりはいまだにみえない。(吉野浩一郎)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲の元大関で、5場所連続休場中の三段目の照ノ富士が16日、東京都内で取材に応じ、序二段に転落確実な3月の春場所の出場に慎重な姿勢を示した。「ぎりぎりまで分からないと思う。体と師匠(伊勢ケ浜親方= …続き (16日 19:49)

少年相撲「白鵬杯」でタレントのKONISHIKIさん(左)とトークショーを行った横綱白鵬(11日、両国国技館)=共同

 大相撲の横綱白鵬が主催する少年相撲の国際親善大会「白鵬杯」が11日、東京・両国国技館で行われ、日本やモンゴルなど8カ国・地域から出場した約1200人が熱戦を展開した。今回が9度目の実施で、2020年 …続き (11日 21:48)

春日野親方(右)から優勝トロフィーを受け取る高安(10日、両国国技館)=共同

 大相撲のトーナメント大会は10日、東京・両国国技館で行われ、大関高安が初優勝し、賞金250万円などを獲得した。決勝で平幕嘉風を力強く寄り切った。

 1月の初場所を途中休場した2横綱は白鵬が栃煌山に、鶴 …続き (10日 21:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]