/

エジプトテロ、国軍が報復空爆 犯行グループ狙う

【カイロ=飛田雅則】エジプト東部で武装集団がイスラム教のモスク(礼拝所)を襲い少なくとも235人が死亡したテロ事件で、エジプト国軍は24日夜、テロ現場に近い山岳地帯で空爆を実施した。シシ大統領は同日の演説で「殉教者(犠牲者)のために報復する」などと強調。捜査当局は過激派組織「イスラム国」(IS)などを念頭に犯行グループを追っている。

事件はシナイ半島北部の都市、アリーシュ近郊のモスクで起きた。現地メディアなどによると、自動車4台に分乗した武装集団がモスク近くで爆弾をさく裂させたうえで人々を銃撃した。金曜日の集団礼拝で多くの人が集まっていたこともあり、少なくとも235人の死者、100人超の負傷者をだすエジプトでは過去最悪の事態となった。

エジプト国防省は、空軍が犯行グループの車両を数台をみつけて破壊し、中にいた人物を殺害したと発表した。ただ、犯行グループのうち逃走した人物もいるもよう。

ロイター通信によると、エジプト軍はテロ発生後の24日夜、現場付近の山岳地帯で空爆を実施した。空爆の規模などは不明だが、犯行グループとみる武装集団の拠点を狙ったとみられる。

シシ大統領はテレビでの演説で「卑劣な攻撃は我々の力を壊そうとする試みだが、(かえって)我々の決意を高める。最大限の武力で治安と安定を取り戻す」と強調した。シシ氏は国防相など関係閣僚を集めた緊急会合を開き、服喪や治安対策の強化を決めた。

犯行声明などはでていない。現場は、ISが異端視するイスラム教神秘主義スーフィズムの信奉者が訪れるモスクで知られる。一方、シナイ半島ではISに忠誠を誓う武装組織が活動を続けている。礼拝には警察や軍関係者もいたため、捜査当局は犯行グループが治安当局者も狙ったとみて、犯人グループを追っている。

エジプトのテロではこれまで治安当局やキリスト教徒が狙われることが多かった。今回、イスラム教徒が襲われたのは、劣勢が続くIS系の勢力がテロの標的を無差別に広げはじめたためとの見方がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン