/

この記事は会員限定です

3カ国語で救急アナウンス 京都外国語大(キャンパス新景)

[有料会員限定]

「救護車通過。請譲出一条路! The emergency vehicle is approaching! Please make way!(救急車が通ります。道を空けてください)」

多くの外国人観光客が行き交う京都市右京区の嵯峨・嵐山地区を駆け抜ける救急車。英語のアナウンスを手掛けたのは京都外国語大(同区)の学生だ。

救急車がサイレンや日本語のアナウンスを流しても外国人観光客が反応せず、緊急走行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン