/

この記事は会員限定です

行動経済学を味方にしよう

投資の落とし穴、ノーベル経済学賞の理論で回避

[有料会員限定]

ノーベル経済学賞の授賞式が間近に迫っている。リチャード・セイラー教授の受賞で脚光を浴びた行動経済学は、合理的であるはずの投資の世界の珍現象をひもといてくれる。個人投資家が陥りがちな思考パターンなどを学び、落とし穴にはまらないように用心しよう。

含み損は塩漬け=損失回避バイアス

→損切りラインを設定しよう

頭では損切りしなければいけないとわかっているのに、実際に損失を確定するのが嫌で持ち続け、売却に踏み切れない──。個人投資家でこんな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン