/

この記事は会員限定です

牛肉持ち帰りやすく、米国向けに検疫手続き緩和

[有料会員限定]

農林水産省は訪日客らが日本産牛肉を米国に持ち出す手続きを緩和した。これまでは個人で書類を提出する必要があった検疫などの手続きを販売店で代行できる。手土産として持ち帰る人を増やし、国産牛肉の消費拡大につなげる。すでにシンガポールやブラジルにも同様の優遇を認めており、農水省は対象国を増やしていく方針だ。

農水省はこのほど、米国当局と持ち出し手続きの簡素化で合意した。通常は空港や港にあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン