スズキ、21万台リコール 部品脱落の恐れ

2017/11/24 18:05
保存
共有
印刷
その他

スズキは24日、フロントサスペンションのフレームに付属する部品が脱落する恐れがあるとして「ワゴンR」など8車種の計21万876台(2007年2~7月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

他の対象車種は「アルト」「セルボ」「MRワゴン」、日産自動車ブランドで生産した「ピノ」「モコ」、マツダブランドで生産した「AZ―ワゴン」「キャロル」。

国交省によると、フロントサスペンションフレームに付属する部品が塩水で腐食することがあり、最悪の場合、部品が脱落し走行できなくなる可能性があるという。

国交省には24日時点で事故の報告はない。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]