/

この記事は会員限定です

川崎重工、インドに二輪開発拠点

[有料会員限定]

川崎重工業 インドで二輪の開発拠点を2018年に開設する。9月に稼働を始めたインド西部マハラシュトラ州の自社工場の隣接地を予定している。当初は日本から技術者を送り込み現地調達比率の拡大などに対応する。将来的には現地でのモデル開発などを担う拠点にする考え。投資額は数億円程度になる見通し。

川崎重工は10年からインド大手のバジャジ・オートに委託する形でインドでの生産を始めていた。足元では趣味性の高いレジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン