2018年1月19日(金)

ネット裏から

フォローする

見る者を魅了 ガッツあふれる小兵選手の躍動
スポーツライター 浜田昭八

(1/2ページ)
2017/11/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

 米大リーグにも“小さな巨人”がいる。2メートル近い長身選手がゴロゴロいる中で、アストロズの3番二塁のホセ・アルテューベが輝いている。なんと身長168センチ。日本の高校野球でプレーしても目立たない小兵選手だ。

アストロズのアルテューベはフルスイングする強打者=USA TODAY

アストロズのアルテューベはフルスイングする強打者=USA TODAY

 ドジャースとのワールドシリーズ第5戦で、元広島・前田健太に同点3ランを浴びせて日本のファンにも衝撃を与えた。小柄な内野手といえば小回りがきく1、2番タイプを思わせるが、フルスイングする強打者だ。

 もともと、ミートがいい打者。2014、16年の首位打者であり、今年も3割4分6厘の高打率で3度目のタイトルを獲得した。足も速く、32盗塁はア・リーグ3位。他球団の長距離砲と張り合うためにウエートトレーニングでパワーをつけ、今年は24ホーマーを放った。

仲間が認めるナンバーワン

 大リーグではシーズンオフに選手間投票で「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)」を決めている。それのア・リーグ野手部門で、同選手が2年連続で選ばれた。仲間に「ナンバーワン選手」と認められるのは、名誉なことだ。小柄なことに、なんのひけ目も感じていない様子は爽快だ。

 日本プロ野球でも選手の大型化は進んでいる。1980年のオールスター戦に出場した田尾安志(当時中日)の回想によると、「身長順に並んだセ・リーグで、173センチのボクより後ろにいたのは168センチのヤクルト・若松勉さんだけだった」。このころから、185センチ前後の選手が増えた。

楽天・美馬は強気の投球が魅力=共同

楽天・美馬は強気の投球が魅力=共同

 それでも、160センチ台の選手は今でもチラホラいる。167センチの左腕、ヤクルト・石川雅規はこれまでの16シーズンで11度、2桁勝利を挙げた。武器はキレのいい速球と制球のよさだ。打者の狙いを外すクレバーな配球に“ごまかし”はない。

 169センチの楽天・美馬学も強気の投球。13年の巨人との日本シリーズで2勝して最優秀選手(MVP)になった。公式戦では2桁勝利のカベに阻まれてきたが、7年目の今季、初めて11勝を挙げた。西武から移籍入団した1歳年長、32歳の岸孝之に対抗心を燃やした。小兵には負けん気の強い人が多い。背丈は関係ないといいながら、陰で鍛錬し、工夫している。

 野手ではともに167センチのDeNA・柴田竜拓、オリックス・西野真弘が頑張っている。柴田は今年後半、2番二塁に抜てきされた。左打ちの打撃はしぶとく、小技もこなせるので重宝に扱われている。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

ネット裏から 一覧

フォローする
大谷(中)の160キロの速球は日本の球場では見られなくなる=共同共同

 日本プロ野球界の空洞化を憂える――と大上段に構えて叫ぶと、なんたる時代錯誤と笑われるのがオチだろう。世は挙げて大谷翔平の海外雄飛を称え、「投打二刀流」が米大リーグでも成功するかどうかの論議で持ちきり …続き (2017/12/24)

2メートルを超えるヤンキース・ジャッジ(右)とアルテューベの身長差は30センチ余り=APAP

 米大リーグにも“小さな巨人”がいる。2メートル近い長身選手がゴロゴロいる中で、アストロズの3番二塁のホセ・アルテューベが輝いている。なんと身長168センチ。日本の高校野球でプレーしても目立たない小兵 …続き (2017/11/26)

日本ハムの主砲中田もFA権行使に前向きという=共同共同

 「勝負は“人集め”で決まる」と言ったのは、かの智将、三原脩だ。見事なチームづくり、好采配を称える声に対する照れ隠しで言ったのだろう。巨人監督で南海のエース別所毅彦の“引き抜き”、西鉄監督では東急の主 …続き (2017/10/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]