ミーティアとは 英独仏など共同開発の戦闘機用ミサイル

2017/11/24 1:30
保存
共有
印刷
その他

▼ミーティア 英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、スウェーデンの6カ国で共同開発した戦闘機用のミサイル。射程は100キロメートル以上とされ、航空自衛隊の現行ミサイルに比べて1.5~2倍は長い。

日英はミーティアに三菱電機のシーカーを搭載することで命中精度の向上を狙う。防衛産業関係者によると、日本製シーカーはミサイル1発あたり5千万円前後。日英だけでなく独仏なども採用すれば数百億円規模の事業になる可能性もある。

【関連記事】
日本、英国とミサイル共同開発 防衛装備政策に転機

防衛技術で日英連携 安保政策に3つの論点
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]