ロイヤルホスト、元日など年3日休業に 人材確保へ
商業施設やホテル内を除く全店で

2017/11/23 18:28
保存
共有
印刷
その他

ロイヤルホールディングスは2018年から、ファミレス「ロイヤルホスト」で休業日を設ける。元日を含む計3日間、全店の9割の約210店舗で休業する。外食業界は人手不足が深刻で、ロイヤルホストでは今年から24時間営業をやめた。さらに休業日も設けて働きやすい職場をつくることで人材確保につなげる。

ほかに繁忙期ではない5月と11月にもそれぞれ1日休業する。商業施設やホテル内を除く全ての店舗が対象。休業日で売り上げは減るが、休んでやる気を高めてもらうことで接客水準が高まり、売り上げの落ち込みは補えるとみている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]