/

この記事は会員限定です

焼酎やウイスキー、一升瓶など日本容器で対米輸出OK

2018年にも米国側が規制緩和

[有料会員限定]

焼酎やジャパニーズウイスキーといった国産蒸留酒の対米輸出がしやすくなる。米国には一升瓶など日本で一般的なサイズの容器に入った蒸留酒を流通できない決まりがあるが、早ければ2018年にも米国側が規制を緩和する。国内の製造業者にとっては瓶詰めをし直さなくて済み、対米輸出の促進につながりそうだ。

11月上旬に開いた日米首脳会談での合意に沿った措置。米国の国内での制度改正が整えば、一升瓶サイズや7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン