2019年3月26日(火)

台風で線路ゆがんだ南海本線、1カ月ぶり通常運行

2017/11/23 17:54
保存
共有
印刷
その他

南海電鉄は23日、台風21号の影響により下り線の線路がゆがんだ大阪府内の南海本線樽井―尾崎間の仮復旧を終えたとして、約1カ月ぶりに通常ダイヤでの運行を再開した。同区間では1日から、上り線のみを利用し単線運転を続けていた。

現場は泉南、阪南両市の境を流れる川に架かる橋で、10月22日に下り線にゆがみが発生。現場を通過した普通電車が一時脱線するなどして、乗客5人が負傷した。急激な増水によって川底が削られ、橋脚が傾いたことが原因とみられ、線路が橋桁ごと約60センチ沈み、横に約50センチずれていた。

橋脚は99年前に設置されたもので、地盤にくいを打たない工法だった。復旧工事では、傾いた橋脚のそばに仮の橋脚を立て、沈み込んだ橋桁を元の位置に戻した。南海は来年5月までに、くいを用いた鉄筋コンクリート製の橋脚を新設する。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報