/

ジンバブエ次期大統領「完全な民主主義約束」

【ハラレ=共同】ジンバブエのムガベ大統領(93)が21日に辞任したのを受け、次期大統領となるムナンガグワ前第1副大統領(75)が22日、亡命先の南アフリカから帰国、支持者の前で演説し「完全な民主主義を実現する」と語った。24日に新大統領に就任する。

ムナンガグワ氏が公の場に姿を見せるのは、軍が14~15日に蜂起して以降初めて。ムガベ氏の妻グレース氏(52)と大統領の後継を巡り対立。6日にムガベ氏に解任されて以降、暗殺の恐れがあるとして国外に逃れていた。

ムナンガグワ氏は与党本部前で演説し「この国には平和と仕事が必要だ」と述べた上で「完全な民主主義の実現を国民の皆さんが経験することになる」と強調。ムガベ政権の強権体制を見直し、同政権下で崩壊した経済を立て直すと約束した。

ムナンガグワ氏はムガベ政権下で野党の弾圧に加担するなどムガベ氏と同様に強権的と指摘され、実際に民主化を実現できるかは不透明だ。

ムナンガグワ氏は軍と関係が深く、軍が同氏の解任に反発して蜂起しムガベ氏を自宅に軟禁した。ムガベ氏の退陣を求める国民の声が高まり同氏は21日に辞任、約37年に及ぶ支配が終わった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン