/

東京国際大など、川越産大豆の創作料理開発

東京国際大学(埼玉県川越市)は笛木醤油(同県川島町)やJAいるま野(川越市)などと協力し、川越産大豆を使った創作料理を考案した。若者に大豆を中心とした和食の伝統や食の重要性を認識してもらう食育プロジェクトの一環で、24日の「和食の日」に同市内で招待客向けの試食会を実施する。

すべての料理に川越産大豆を使う(写真は試作品)

創作料理は前菜からデザートまで8品目で、笛木醤油とJAいるま野が契約栽培で育てた川越産大豆を使う。大豆の収穫やレシピの考案には東京国際大商学部の学生が参加。川越の料理人や和菓子店「福呂屋」などの協力も得て「初心者でも作れるプロの味」をコンセプトにしたコース料理に仕上げた。

試食会は笛木醤油川越店内にあるうどん店で開き、料理のレシピも紹介する。交流サイト(SNS)などで拡散してもらうほか、地元の飲食店などにも採用を働きかける方針で、和食文化の発信や川越産大豆の消費拡大につなげたい考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン