釧路市の水素拠点構想始動 KCMのガス活用検討

2017/11/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道釧路市を燃料電池の燃料など新エネルギーとして期待される水素関連産業の集積地とする官民による構想が動き出した。国内唯一の坑内掘採炭事業を手掛ける釧路コールマイン(釧路市、KCM)のメタンガスを活用した水素製造、北極海航路をにらんだ液体水素貯蔵機能の整備、関連企業の誘致構想も浮上している。道東に水素拠点ができれば、道が進める水素社会の実現に弾みがつくと期待されている。

水素の製造には、メタンガ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]