/

この記事は会員限定です

天皇陛下の退位日「19年4月末」 12月上旬に決定

元号は18年公表

[有料会員限定]

政府は天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う新元号の施行期日について「2019年4月30日・同5月1日」とする方向で最終調整に入った。安倍晋三首相が衆参両院議長や皇族らから陛下の退位日について意見を聞く皇室会議は、12月1日午前9時から宮内庁で開催される。政府は皇室会議を踏まえ、退位日を定めた政令を12月5日にも閣議決定する方針だ。

国民生活への影響を最小限にするため、新元号は18年中に公表する予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン