/

この記事は会員限定です

スマホ診察、ルールに遅れ ベンチャーは手探り

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)アプリなどを使い、病院に行かずにオンラインで診察を受けられる遠隔医療サービスが広がってきた。慢性疾患の継続的な治療などでの利用が期待されるが、法的な位置付けは既存法の解釈を伝える国の通知などに頼り、参入したベンチャー企業にとって事業展開は手探りの面もある。IT(情報技術)時代に合ったルールや制度の整備が課題だ。(児玉小百合)

現在の遠隔医療サービスは、アプリを通じて診察予約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン