2017年12月16日(土)

首相、敵基地攻撃能力「検討の責任ある」 代表質問で

政治
2017/11/22 16:30
保存
共有
印刷
その他

 安倍晋三首相は22日の参院本会議の代表質問で、弾道ミサイルなどの発射前に敵の拠点を攻撃する敵基地攻撃能力の保有について「安全保障環境が一層厳しくなる中、現実を踏まえてさまざまな検討をしていく責任がある」と述べた。保有に含みを持たせた。

 首相は国内の防衛力について「質と量を必要かつ十分に確保することが不可欠だ」と指摘。「今後も防衛力の強化を図っていく」と強調した。

 一方で「専守防衛の考え方に変更はない」と主張。現状の敵基地攻撃能力について「日米の役割分担の中で米国に依存している。役割分担を変更することは考えていない」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府安倍晋三敵基地攻撃能力代表質問



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報