/

シャープ、天井設置型の空気清浄機を発売 照明と一体に

シャープは22日、照明器具と一体にした天井設置型の空気清浄機「天井空清」を発売すると発表した。直径62センチメートルの円形で、発光ダイオード(LED)照明の中心部と外周部分に12畳用の清浄機能を設けた。天井に設置するタイプの空気清浄機は業界で初めてで、リビングなど置き場所に困る人の需要を見込む。

空気清浄機の市場は伸び悩んでおり、2017年度の販売台数はPM2.5(粒子状物質)が話題になった12年度の3分の2程度になる見込み。家庭への普及が進み、未購入者の開拓が課題だが、同社ではリビングなどで置き場所を取るほか、配線コードが邪魔になり購入を手控える消費者が多いとみている。

想定価格は税別9万円前後。照明と清浄機を別々に買う場合と比べて割高になるが「省スペースというメリットが大きい」(担当者)と強調する。発売は18年1月20日。年間で1万8千台の販売をめざす。

今後は人工知能(AI)スピーカーなどと連動するクラウド機能の搭載も検討する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません