/

この記事は会員限定です

堤清二、MUJIの原点と矛盾(日経ビジネス)

[有料会員限定]
日経ビジネス

2013年に他界したセゾングループ創業者、堤清二。11月25日に命日を迎えた。200社で売上高4兆円を誇ったグループはバブルの処理で解体された。光と影が交錯する86年の人生は決して成功物語ではない。だが、しぶとく生き残った各社には、堤の執念が刻まれている。異色の事業家は、どんな未来を見て、何を見誤ったのか。無印良品や百貨店、ホテルなど事業の軌跡と、関係者の証言から、その実像を浮かび上がらせる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4833文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン