/

箱根に日本初進出ブランド、「ホテルインディゴ」

英インターコンチ 交流型に

英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は2019年に、神奈川県箱根町で日本初進出ブランド「ホテルインディゴ」のホテルを開く。宿泊客らが交流できるライフスタイル型のブランドと位置づける。地域性を生かしたデザインを採用し、全ての客室に温泉風呂を設ける。国内外からの宿泊需要を取り込む。

神奈川県箱根町に開く「ホテルインディゴ」のイメージ

大和ハウス工業が開発・保有し、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが運営を受託する。約100の全客室に温泉風呂を備え、このうちの約80室にはバルコニーに露天風呂を用意する。客室の広さは30平方メートル以上にする予定。30~50代の中間層から富裕層を中心顧客に想定する。宿泊料金などは今後詰める。

IHGは日本でホテル展開を加速しており、19年夏にも「インターコンチネンタル」ブランドのホテルを大分県別府市で開く計画。ホテルインディゴは世界で80ホテルを展開している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン