/

首相「事業承継税制を拡充」 参院代表質問

安倍晋三首相は22日午前の参院本会議での代表質問で、相続税や贈与税を一部猶予する事業承継税制について「さらに使いやすい制度にするよう思い切った拡充を検討していく」と語った。「円滑な事業承継を進めるため、今後編成する補正予算も活用し、切れ目のない支援策を講じる」と訴えた。

企業が賃上げした際に増加分の一部を法人税から控除できる所得拡大促進税制などを挙げ「過去最大の企業収益を賃上げや設備投資に向かわせるため、あらゆる施策を総動員する」と力説した。公明党の山口那津男代表への答弁。

共産党の山下芳生副委員長は森友、加計学園の問題を追及した。首相は森友問題に関し「国会において丁寧な説明を積み重ねてきた」と強調。加計学園の獣医学部新設をめぐる過程では「関係閣僚をはじめ誰一人として私から指示を受けていないことが明らかになっている」と指摘した。

森友学園が建設を進めた学校の名誉校長だった安倍昭恵首相夫人や、首相の友人である加計学園の加計孝太郎理事長の国会招致については「国会で決めることだ」と述べるにとどめた。

午後は日本維新の会の片山虎之助共同代表、民進党の長浜博行氏、自民党の岡田直樹氏が質問に立つ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン