/

この記事は会員限定です

「植物工場」開発の米プレンティ、ソフトバンクも出資

[有料会員限定]

世界的な人口増加や気候変動を背景に食料危機の懸念が高まるなか、解決しうる技術の1つとして屋内農業(Indoor Farming)に関心が集まっている。米プレンティ(カリフォルニア州)もこの技術の開発に取り組むスタートアップの1つ。発光ダイオード(LED)照明やマイクロセンサー技術、ビッグデータの解析技術などを活用して野菜や果物を栽培する「植物工場」を開発する。同社は今年、ソフトバンクグループなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン