「植物工場」開発の米プレンティ、ソフトバンクも出資

2017/11/22 4:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界的な人口増加や気候変動を背景に食料危機の懸念が高まるなか、解決しうる技術の1つとして屋内農業(Indoor Farming)に関心が集まっている。米プレンティ(カリフォルニア州)もこの技術の開発に取り組むスタートアップの1つ。発光ダイオード(LED)照明やマイクロセンサー技術、ビッグデータの解析技術などを活用して野菜や果物を栽培する「植物工場」を開発する。同社は今年、ソフトバンクグループなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]