/

すかいらーく、米ベインが全株売却 内外の機関投資家に

すかいらーくは21日、筆頭株主の米投資会社ベインキャピタルが、保有する全株式を売却すると発表した。発行済み株式の約20%にあたる3894万株を売り出す。売り出し価格や総額は明らかでないが、同日終値で計算すると650億円規模になる。野村証券などが引き受け、内外の機関投資家に売り出す。今回の売却ですかいらーくは独り立ちすることになる。

ベインは11月28日付で株主でなくなる。すかいらーくは経営を抜本的に立て直すため、2006年にMBO(経営陣が参加する買収)で非上場化した。11年にベインの傘下に入って改革を進め、14年10月に東京証券取引所1部市場に再上場した。ベインは段階的に保有株を売却していた。

すかいらーくの取締役は現在7人で、うち3人がベイン出身者。すかいらーくでは今後の経営体制について現時点で未定としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン