/

この記事は会員限定です

来年のウナギどうなる? 日中関係者に聞く

[有料会員限定]

【アモイ=佐々木たくみ】中国のウナギ生産量や対日輸出の予測を話し合う「日中鰻(うなぎ)加工会議」が21日まで中国福建省アモイで開かれた。2017年は稚魚が好漁で、かば焼きも2~3割安く店頭に並んだが、ウナギが希少であることに変わりない。需要動向や資源保護の現状を日中のキーパーソンに聞いた。

中国食品土畜進出口商会鰻魚分会理事長の徐利明氏

――中国でもウナギ消費は増えていますか。

「かば焼きはもちろんウナギピザなど、若者中心にファンが増えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り813文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン