沖電、重油備蓄の新拠点 離島火力向け

2017/11/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

沖縄電力と石油販売のりゅうせき(沖縄県浦添市)は離島にある火力発電所向けの重油備蓄拠点を同県うるま市に新設する。南西石油(同県西原町)が2015年に沖縄での石油精製事業から撤退し、コスト増が負担になっていた。離島への電力安定供給は沖電にとって重要業務の一つ。自社で運営する拠点を持つことで費用を圧縮し、地域経済と生活を支える。

うるま市の沖電石川火力発電所の構内を新たな拠点にする。まず18年度に石…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]