/

この記事は会員限定です

静寂、消える集落 「無居住」の危機500超に

東北の未来を考える 第1部「人口減の衝撃」(1)

[有料会員限定]

東北で今、危機が静かに進行している。歯止めのかからない人口減少は地域コミュニティーの存続を危うくし、マーケットの縮小や生産年齢人口の減少を通して、経済活動にもじわじわと影響を及ぼしてくる。解決策を求め、関係者は努力を続けるが、"特効薬"は簡単には見つからない。東北を覆う停滞感をいかに打ち破り、「未来」を見つけ出すか――。連載の第1部では各地で進む危機の現状を見つめる。

山形県の中央部に位置する大江...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン