/

この記事は会員限定です

天皇陛下の退位、19年3月末と4月末の2案 政府検討

[有料会員限定]

政府は天皇陛下の退位の時期の決定に関する皇室会議を12月1日に開く方針を固めた。陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う新元号の施行期日について「2019年3月末・同4月1日」か「19年4月末・同5月1日」かの2案を検討する。皇室会議での意見を踏まえ正式決定する見通しだ。

陛下の退位を実現する特例法は、退位日となる施行日は公布日から3年を超えない範囲で政令で定めるとしている。その際、安倍晋三首相が皇族...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り527文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン