東北ホップ、生産維持・拡大探る

2017/11/21 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東北地方でビールの原料の一つ、ホップの生産の維持・回復を探る動きが始まった。栽培に冷涼な気候が求められるため同地方が国内生産の大部分を占めるが、担い手不足などを理由に生産量は全盛期の10分の1まで減少した。まず、栽培農家をはじめ、東北のクラフトビールの醸造元や大量に消費するキリンの仙台工場など、関係者が集まり、生産を盛り上げようと、試飲会や新製品の製作といった取り組みを始めている。

「ホップが東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]