鶴保氏、一部報道を否定 後援会長が多額資金か

2017/11/21 19:30
保存
共有
印刷
その他

自民党の鶴保庸介前沖縄・北方相は21日、沖縄県の米軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐり、鹿児島県の採石業者が鶴保氏の後援会長に多額の資金を提供したとの一部報道を否定した。「私には全く身に覚えがない。そんな筋合いではない」と首相官邸で記者団に語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]