/

この記事は会員限定です

住友化学、「除虫菊」から殺虫成分、豪大手に150億円

[有料会員限定]

住友化学は除虫菊から抽出する殺虫成分の製造で世界最大手の豪ボタニカル・リソーシズ・オーストラリアを月内に買収する。住友化は環境負荷が低い天然由来農薬に力を入れており、今回の買収もその一環。オーナーから株式の8割強を取得し、連結子会社の保有分とあわせて全株を取得する。取得額は約150億円とみられる。

ボタニカル社は除虫菊由来の殺虫成分「ピレトリン」の製造が得意で豪州にある自前の農場で除虫菊の栽培から手がける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン