貢献求められるミャンマー企業(アジア便り)

2017/11/21 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害問題で揺れるミャンマー。国際社会の注目は国外に逃れた難民に集まるが、国内では「衝突で避難した仏教徒の住民にも目を向けるべきだ」との声があがる。政府は人道支援や経済開発を推進する国民運動をスタートさせ、民間企業にも協力を求めている。10月には財界人22人が合計約13億円を政府の基金に寄付した。携帯最大手のミャンマー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]