チームニッポン大変革

フォローする

新国立はやはり負の遺産? 黒字運営見通せず
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2017/11/22 6:30
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場は、観客席の建設が進み、ようやくスタジアムらしい楕円形の姿が地上に現れてきた。本大会が終わった後は、陸上のトラック部分を撤去してサッカー、ラグビーなど球技専用の競技場となることも正式に決まった。だが、約1500億円の建設費に見合う、レガシー(遺産)と呼ばれるにふさわしい活用はできるのだろうか。後利用を考える関係省庁のワーキングチーム(WT)がまとめた新国立の運営管理に関する基本的な考え方を読んでいると「赤字を垂れ流す負のレガシー(遺産)になるのは避けられないのでは」と頭を抱えたくなった。

多数のクレーンが林立し、急ピッチで建設が進められる新国立競技場(10月27日)=共同

多数のクレーンが林立し、急ピッチで建設が進められる新国立競技場(10月27日)=共同

言いすぎかもしれないが、莫大な建設費が批判された旧計画を白紙にして新整備計画が決まった15年8月末から、ほとんど新しいアイデアは加わっていない。具体的な収益の見通しもない。WTが始動したのは昨年2月。長い時間をかけて何を話し合っていたのかと思ってしまう。

今回明らかになった方針は、(1)東京大会の終了後はサッカーのワールドカップ(W杯)の招致に対応できる規模の球技専用スタジアムに改修し、サッカーやラグビーなどの日本代表戦や全国大会の主会場とする(2)イベントやコンサート、子供向けスポーツ教室、市民スポーツ大会等を積極的に開催する(3)運営権を民間に売却する「コンセッション方式」の導入を目指し、20年秋頃に優先交渉権者を選定する――など。

陸上の主要大会の開催に必要不可欠なサブトラックが確保できないため、球技専用スタジアムへの改修は2年前からそうなるとわかっていた。稼ぐために民間のノウハウを導入する運営権の売却も当然の選択肢。だが、実際にできるかどうかは不透明だ。そもそも収益性の高いコンサートなどのイベントと、公共性の高い子供向けスポーツ教室、市民スポーツ大会の開催を同列に考えている時点で、本当に民間への運営権売却を考えているのか首をかしげたくなる。

発想、民間の感覚とはズレ

14日、首相官邸で開かれた新国立競技場の整備に関する関係閣僚会議=共同

14日、首相官邸で開かれた新国立競技場の整備に関する関係閣僚会議=共同

「サッカー、ラグビー等の試合のない週末・祝日等に、子供向けスポーツ教室や市民スポーツ大会の開催を促進する(その際、芝生のコンディション確保に留意する)」とあるのも驚いた。健全なやり方と考える人もいるだろうが、民間が運営する場合、稼ぎ時である週末や祝日に使用料をあまり期待できないイベントに施設を貸し出すとすれば、売り上げの最大化を目指すことを放棄することになる。週末や祝日でも試合がなければ稼げなくても仕方ないとする発想自体が、民間の感覚とずれている。そんな条件で運営権を売却するといっても、どこが買ってくれるのだろう。

日本サッカー協会は日本代表戦のほか、天皇杯、皇后杯やカップ戦の決勝、大学選手権の決勝などで使用することを想定しているという。Jリーグの試合に関しては未定。稼働率を上げて収益性を高めるにはJリーグチームの本拠地となるのが近道だが、WTは「Jリーグ・リーグ戦の開催を促進する」とするだけで、それには触れていない。「国立競技場を代表以外の特定チームの本拠地にするのはいかがなものか」という意見が根強くあり、踏み込んだ方向性を出せないのだろう。一方で、特定企業の広告となるネーミングライツ導入の検討は明記されている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

電子版トップスポーツトップ

チームニッポン大変革 一覧

フォローする
設楽悠は2時間6分11秒で快走した

 低迷していた日本の男子マラソン界に2017~18年シーズン、明るい兆しが見えてきた。2月下旬の東京マラソンで設楽悠太(26、ホンダ)が2時間6分11秒と快走し、16年ぶりに日本記録を更新。井上大仁( …続き (2018/3/21)

小平奈緒選手の応援で長野県茅野市役所の会場に集まった人たち。パブリックビューイングは自治体が主体の場合のみ認められた=共同共同

 20年前の長野冬季五輪で最大のヒーローといえば、ノルディックスキーのジャンプで金2個を含む計3個のメダルを獲得した船木和喜(フィット)だった。当時22歳の船木はデサントの社員。高校卒業後の彼を同社が …続き (2018/3/7)

昨年12月のW杯1000メートルを世界新で制した小平奈緒(右)と2位の高木美帆。五輪でもこんなシーンがあるか=共同共同

 平昌冬季五輪がまもなく開幕する。北朝鮮の参加をめぐる影響やロシア勢のドーピング問題による混乱など、かつてないほどの不安要素を抱えているが、日本選手の活躍に関していえば見どころ満載で楽しめる大会となり …続き (2018/2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]