2019年6月17日(月)

ドイツの政治空白、欧州に遠心力

2017/11/21 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自由主義や民主主義、寛容の精神といった西側先進国が共有する価値観の重しとなってきたメルケル氏。その政治力が陰れば、欧州や世界の秩序を不安定にしかねない。

ドイツ・ボンで開かれた気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)。フランスのマクロン大統領は15日に「欧州は米国に取って代わる」と大見えを切ったが、メルケル氏は抽象的な発言に終始し精彩を欠いた。メルケル氏の苦境は、独仏の首脳が両輪となって欧州を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報