/

この記事は会員限定です

AI×ビッグデータ、創薬・新材料開発の最前線

[有料会員限定]

人工知能(AI)やビッグデータなどの情報科学が研究現場を大きく変えようとしている。大量のデータなどを生かす科学研究から「データサイエンス」と呼ばれ、医薬品や新材料の開発を効率化したり顧客データから最適な新製品を提供したりできる。大学では人材育成に力を入れ始めたほか、産学連携の起爆剤になるとの期待も膨らむ。

「次の時代の新しいサイエンスを作り出す」。14日に奈良県生駒市の奈良先端科学技術大学院大学で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン