/

関西百貨店の免税売上高、初の100億円超え 10月

日銀大阪支店が20日発表した10月の関西地域の百貨店の免税売上高は前年同月比約2.3倍の105億9700万円だった。12カ月連続で前年実績を上回り、初めて100億円を超えた。

免税件数は14万6177件で67.8%増えた。中国の大型連休である国慶節で関西に訪れる訪日客が増えて、大阪や京都の免税品販売を押し上げた。

阪急うめだ本店(大阪市)は待ち時間を減らすために免税カウンターを増設し、免税品売上高は前年同月比2倍に膨らんだ。あべのハルカス近鉄本店(同)は化粧品などの販売が好調で免税売上高が8倍になった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン