/

この記事は会員限定です

指名委員会「トップ人事の議論」年4時間、透明性向上に差

[有料会員限定]

上場企業は第三者を交え人事を議論する時間が短い――。コンサルティング会社のエゴンゼンダー(東京・千代田)が東証1部に上場する企業2015社を調べたところ、社外取締役など第三者が参加する指名委員会の設置企業は169社だった。委員会の平均会議時間は4時間にとどまる。エゴンゼンダーの佃秀昭社長は「先進的な企業の中には数十時間かける例があり、年4時間は少ない」と指摘している。

指名委は社長などの人事のほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン