2019年4月27日(土)

韓国サムスン系バイオ企業、欧州で抗がん剤販売へ

2017/11/20 23:00
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスングループのバイオベンチャー、サムスンバイオエピスは20日、乳がんの抗がん剤を欧州で近く発売すると発表した。欧州連合(EU)の欧州委員会から販売承認を取得した。スイスのロシュ社が販売する超大型薬の後続品になる。サムスン社にとって4つ目の後続品で、同業のセルトリオンと並んで後続品市場で韓国勢が存在感を高めている。

ロシュの抗がん剤「ハーセプチン」の後続品を販売する。ハーセプチンなどのバイオ医薬品は高額な薬が多く、比較的安価な後続品の普及が求められている。市場の大きいハーセプチンの後続品は複数の製薬会社が開発している。サムスンバイオエピスは欧州で同薬の後続品が販売承認を得たのは初めてとしている。

サムスンバイオエピスはバイオ医薬品受託製造大手のサムスンバイオロジクスの子会社。サムスングループはバイオ医薬品大手の米バイオジェンなどの協力を得て、医薬品の製造と開発の両面で事業の拡大を急速に進めている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報