/

この記事は会員限定です

知財の評価基準、政府検討 新事業創出促す

[有料会員限定]

政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍晋三首相)は、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの新技術に対応した知的財産の活用を探る新たな戦略ビジョンを策定する。企業が保有する知的財産の資産価値の評価基準の策定を検討することなどが柱。企業価値を実態に即して評価しやすくし、新事業の創出に必要な資金や人材を調達しやすくする。

新ビジョンは2025年までの実現をめざす。政府は月内に具体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン