2018年8月17日(金)

企業内保育所に税優遇、財務・厚労 初期負担を軽く

2017/11/19 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 財務省と厚生労働省は2018年度税制改正で、企業内保育所向けの新たな税制上の優遇措置をつくる方針だ。遊具などの設備について企業の税負担を軽くする。仕事と子育ての両立支援に力を入れる企業に対し、税制面からこの流れを後押しする狙い。安倍晋三政権が掲げる待機児童の解消につなげていく。

 設備投資をする場合、耐用年数に応じ一定額を損金として計上できる減価償却がある。限度額を上回る「割増償却」という措置を保…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報