産業用ロボ各社、中国で連携強化
現地企業の情報力活用

2017/11/19 1:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界4強の一角、安川電機など産業用ロボットメーカーが中国で現地企業との連携を深めている。人件費高騰や人手不足に加え、ものづくりの技術向上、品質アップに関するニーズが高まっているからだ。拡大が続く世界最大市場をうまく取り込むには有力パートナーの存在が重要だ。

安川電機は2015年、現地の家電大手、美的集団(広東省)と提携。美的の工場向けにロボットを使った自動化システムを開発してきた。今後力を入れて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]