/

この記事は会員限定です

「中国の貯蓄率下げ必要」(モネータ 識者に聞く)

北京師範大学中国収入分配研究院副院長 万海遠氏

[有料会員限定]

中国の高い個人貯蓄率は消費の少なさを意味する。国内総生産に占める労働報酬の比率が下がっており、収入が増えないので消費も増えない。お金があっても教育費や医療費が心配で消費できない。特に農村部は2006年に社会保障制度が始まったばかりだ。

公共部門の貯蓄も多い。経済成長で税収などの歳入は増えたが、歳出はそれほど増えなかった。

貧富の格差は中国の貯蓄率の高止まりを説明できる。(貧富の差を示す)ジニ係数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン