2019年1月19日(土)

島津製、シンガポールに拠点 大学や研究機関と共同研究

2017/11/17 23:30
保存
共有
印刷
その他

島津製作所は17日、シンガポールに現地の大学や研究機関と共同研究する拠点「イノベーションセンター」を開いた。アジア・オセアニアでの共同研究を統括する。島津製の技術者や企画担当者ら7人が所属し、新製品モデルを開発する。

現地の最先端技術を掘り起こし、分析機器などを開発する。主要顧客である大学や研究機関のニーズも吸い上げる。

まずシンガポール国立大学と新型の水質分析装置を開発する。藻やプランクトンの大量発生の原因になる水中のリンや窒素を微量でも検出できるようにする。開発には両者合わせて計1億2500万円を投じる。2020年の製品化を目指す。

島津製は世界各地でイノベーションセンターを開設しており、15年に米国と中国、17年3月にドイツで開いた。欧米、中国、シンガポール、日本の5極で研究開発体制を構築し、多様化する製品ニーズに対応する。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報