エイコー、中小と組んで医療参入 OA機器の販路活用

2017/11/17 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

OA機器販売のエイコー(大阪市)を核とするエイコーグループホールディングスは関西の中堅・中小企業と組んで医療・健康関連事業に進出する。ペーパーレス化でOA機器の成長を見込みにくい中、これまで培った販路を生かして医療・健康関連製品を販売する。関西国際空港近くにショールームを設けて訪日客に紹介し、高齢化が進む中国市場も開拓する。

エイコーグループはOA機器の販売を主力とするが、工場の照明機器、環境関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]