/

中学の部活顧問、半数超が「休息不足」 スポーツ庁調査

公立中学校の運動部顧問の半数超が疲労や休息不足に悩んでいる――。スポーツ庁が17日発表した中学・高校の運動部活動に関する実態調査で、疲労・休息不足に悩んでいるとした顧問教員の割合は公立中で52%、公立高43%に達した。部活の負担の大きさが改めて明らかになった格好だ。

調査は7月、公私立の中学456校、高校389校を対象に実施。校長、教員、生徒、保護者、部活動指導員ら約18万4千人が回答した。

「校務と部活の両立に限界を感じる」と答えた教員は公立中で48%、公立高で44%。ワークライフバランスを実現できないことにもそれぞれ45%、38%が悩んでいた。

平日の活動時間については公立中で93%、公立高で73%の校長が「きまりがある」と回答。しかし、休日では公立中52%、公立高36%に低下した。休日の活動にルールを定めていないことが教員の長時間労働につながっている可能性がある。

部活動を持続可能にするための考え方を聞いたところ、公立中の保護者の43%が「できる範囲で今までどおり学校・教員が担う」と答えた。「(教員とは別に)実技指導者を配置」は33%、「学校から地域の活動へ移行させる」は7%。教員の多忙解消策として外部指導者の活用や地域への移行が議論されているが、保護者の理解を得るのは簡単ではなさそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン