歩行補助システム、日本版GPSで道順 ニュージャパンナレッジ

2017/11/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発のニュージャパンナレッジ(山口市)は、準天頂衛星「みちびき」を利用した歩行補助システムを開発する。数センチレベルでの位置検出ができることを利用し、歩行ルートを一度登録すれば、スマートフォン(スマホ)や骨伝導スピーカーを通じて方向や障害物、信号の変化などをリアルタイムで指示する。視覚障害者向けに2019年以降の発売を目指す。

ニュージャパンナレッジはIT機器開発のフォルテ(青森市)と共…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]