アクティブベースくれ、7事業者に助成 地域産業を支援

2017/11/17 20:58
保存
共有
印刷
その他

公益社団法人アクティブベースくれ(広島県呉市)は17日、地域活性化につながる創業や新規事業を支援する制度「幸運(グッドラック)」の助成金贈呈式を行った。呉市や周辺地域の7事業者の新規事業が選定された。創業間もない企業などの新たな取り組みを支援し、地域で新たな産業を生み出す。

7事業者の新規事業に対し助成金を贈呈した(17日、広島県呉市)

4~8月にかけて支援を希望する事業者を募集。22事業者からの応募があった。事業者によるプレゼンテーションなどを経て、7事業者を選んだ。

受賞企業は、広島県産の規格外果物などを乾燥させたドライフルーツの製造・販売を手掛ける島彩(しまいろ、広島県江田島市)や、「キャラ弁」など食品に貼り付けて楽しむイラスト入りオブラートを手掛けるTomotasu(ともたす、呉市)など、創業1年未満の企業が多かった。

呉信用金庫の槙岡敬人理事長は「呉信金や市、日本政策金融公庫など様々な機関と連携した『呉創業支援ネットワーク』という創業後の事業展開の支援体制も整えている。こうした機関の知恵も活用し、これから事業を成長させていってほしい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]