/

維新・足立氏に懲罰動議 「犯罪者」発言で立民

立憲民主党は17日、自民、立憲民主、希望3党の所属議員を「犯罪者」などと国会で発言した日本維新の会の足立康史衆院議員に対する懲罰動議を衆院に提出した。これに先立ち、足立氏は3党の国会対策委員長をそれぞれ訪ね、自らの発言を撤回した上で謝罪したが、立憲民主は謝罪や再発防止策が「不十分だ」(手塚仁雄国対副委員長)と判断した。

足立氏は国会質疑で民進党に対し「あほ」と発言するなど、2016年に計4回、懲罰動議が提出された。

15日の衆院文部科学委員会で、足立氏は自民の石破茂元幹事長、立憲民主の福山哲郎幹事長、希望の玉木雄一郎代表を名指しして「犯罪者だ」などと非難した。

足立氏は17日、石破氏には既に陳謝したと記者団に説明した。福山、玉木両氏に対しては「法律に引っかかる疑いは免れない。さまざまな疑惑がある」と主張した。

学校法人「加計学園」の問題に関する朝日新聞の社説を巡りツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿した件については「支持者から言い過ぎだと指導をいただいた。これからは『朝日新聞、廃業しろ』と言い続けたい」と強調した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン