/

この記事は会員限定です

セブンも本気、自転車シェア 勝利のカギは提携相手

自転車シェアリング戦国時代(上)

[有料会員限定]

国内で広がる自転車シェアリングサービスをめぐり、駐輪場の獲得競争が加速している。どこでも乗り捨てできる中国とは異なり、規制の厳しい日本ではサービスごとに専用の置き場(ポート)を設ける必要がある。自転車シェアの事業者が自ら多数の土地を借り受けることはコスト的に難しく、駐輪場の土地を持つ提携先をいかに獲得するかが成功の鍵となる。ソフトバンク系はコンビニエンスストアのセブン―イレブン・ジャパンと、中国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3807文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン