/

この記事は会員限定です

トヨタ・スズキ、インドでEV 20年ごろ投入へ覚書

[有料会員限定]

トヨタ自動車スズキは17日、インド市場での電気自動車(EV)事業で協力関係を構築する覚書を締結したと発表した。両社で連携しEVを開発・生産する体制を整え、2020年ごろの市場投入を目指す。両社は今年2月に業務提携に向けて検討に入ると発表し、具体策の検討を進めてきた。

今回の枠組みでは、スズキがインド市場向けに生産するEVに対してトヨタが技術面で支援する。スズキが生産した車両はトヨタにも供給する。同時に充電ステーシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン